2008年11月15日

体脂肪計(たいしぼうけい)

体脂肪計(たいしぼうけい)は、人体に占める脂肪の割合(体脂肪率)を測定する計器である。現在では家庭用に量産されている。

体内の脂肪の量(あるいは体重にしめる脂肪の比率)を求めることはかなり困難であったが、脂肪とそれ以外の人体構成成分ではインピーダンスが異なることを用いた測定法が広く行われるようになり、手軽に体脂肪率を測ることができるようになった。そのための計器が体脂肪計である。

例えば、足を乗せるための極板を両足別に用意してその間に微弱な交流電圧を印加し、裸足で極板に乗るようにすれば、人体のインピーダンスを求めることができる。極板にストレインゲージを取り付ければ体重も同時に測定できる。

しかし、体内の電流の流れ方は一様ではないので、インピーダンスの測定結果がそのまま体脂肪率を反映するわけではない。体脂肪計は、他の原理を用いて正確に測った体脂肪率を基準として、インピーダンスの測定結果の他に性別、年齢、身長、体重などのデータを加えて換算を行うプログラムを内蔵しているが、必ずしも正確な値が得られるとは限らない。従って、家庭用体脂肪計の結果そのものは一種の目安とし、同じ体脂肪計で測った結果の長期的な変動に注目するとよい。そのため、高機能な体脂肪計には、測定結果を記憶していく機能も内蔵されている。

以下に該当する者は、水分率や骨密度の違いから、体脂肪計の測定結果と真の体脂肪率の違いが大きいと言われている[1]。

成長期の児童
高齢者、閉経以降の女性
ボディビルダーやスポーツ選手、またはそれに近い人
風邪などで発熱中の人
むくみ症の人
骨粗鬆症患者
妊娠中の人
人工透析患者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2008年06月20日

生活習慣(病)による全死亡リスク

スウェーデンにおける32年の追跡調査によれば、生活習慣(病)による全死亡リスクは:

喫煙 : 1.92倍
糖尿病 : 1.64倍
高血圧 : 1.55倍
メタボリック症候群 : 1.36倍
高コレステロール血症 : 1.10倍 
このように喫煙が最大のリスクとなるため、生活習慣病対策は禁煙を最優先とするべきだとの医療界からの意見がある。

糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)は、

>>>続きを読む
posted by abelu at 13:00| Comment(2) | TrackBack(3) | 高齢者・団塊世代健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

要介護高齢者の口腔ケアについて

 口腔ケアには、大きく分けて口腔の「清掃を中心とするケア」と「機能訓練を中心とするケア」があります。要介護高齢者に対する口腔ケアの主な目的は、「誤嚥性肺炎」、「口腔の乾燥」、「口腔機能の低下」を予防することです。安全と安楽をモットーに専門家のアドバイスを受けながら、継続することがポイントです。

口腔ケアについて
>>>続きを読む
posted by abelu at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢者・団塊世代健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

自分の歯や口、体の健康に関心をもち、生活習慣を整えることは健康高齢者への近道です

歯ブラシなどの道具を使った器質的口腔ケアだけではなく、顔や舌の体操、唾液腺のマッサージなど、機能的口腔ケアも実施して歯や口の健康維持をはかります。その結果は、健康的で質の高い生活の実現につながるといえます。

健康高齢者とは
>>>続きを読む

2008年04月30日

5大栄養素とは糖質(炭水化物)、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルを言います

5大栄養素とは糖質(炭水化物)、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルを指し、前3者を3大栄養素、後2者を微量栄養素と呼ぶ。多くのビタミンが作用するためにはミネラルが必要であり、3大栄養素が作用するためには微量栄養素が必要である。こうした栄養素の中では、必須ビタミン、必須ミネラル、必須脂肪酸が不足しやすいと考えられる。

製法から大別すると3つある。

化学合成サプリメント
天然素材を利用し化学合成したサプリメント 以上二つは、基本的に成分表に書いてあるビタミンやミネラルのみが含まれる。
天然の成分を抽出したサプリメント 目的とする成分だけでなく成分が自然に存在する配合であったり、フラボノイドなどが含まれるため、好ましいとする意見もある。
posted by abelu at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品・サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンAとカロチン

1 古代エジプト人も知っていたビタミンAの効能

 ビタミンAの効能は、古代エジプト時代から、経験的に知られていたようです。パピルスにすでに「雄牛の肝臓は夜盲によい」と記されていたといわれます。ビタミンAが不足すると夜盲になるほか、皮膚の粘膜がおかされて感染症にかかりやすくなることがわかっています。
 しかし、近年の安定した食糧事情のもとではビタミンAの極端な欠乏はみられず、栄養素としてのビタミンAに対する関心はうすれていました。ところが最近になって、がんとビタミンAとの関係が注目されています。

2 レチノールとカロチン(プロビタミンA)

・動物性食品にはレチノール、植物性食品にはカロチン
 ビタミンAは、ビタミンのなかで最初に>>>続きを読む

歩行と健康をかんがえる

歩行と健康の関係

1 歩行は最良の薬?

 医療に科学の息吹を与え、“医学の父”と呼ばれるヒポクラテスは、「歩行 は人間の最良の薬である」と言って、歩行の予防医学的価値を説いています。ま た、わが国の貝原益軒も『養生訓』の中で、健康であるためには、「毎日飯後に 、必ず庭圃(ていほ)の内数百歩しづかに歩行すべし」と述べています。

2 歩く人ほど長生きする

 35〜74歳のハーバード大学卒業生1万6936人を対象として実施され た、身体活動と死亡率との関係についての調査報告によると、1週間に約15km 以上歩く人は、約5km以下しか歩かない人に比べて、死の危険牲が21%も減少 していました。同様に、身体活動のために1週間に2000kcal以上エネルギー を消費する人は、それ以下の人と比べて、死の危険性が28%減少することも明 らかになっています。「元気だから運動できる」ということを考慮にいれても、 寿命との関係からみて大変興味ある研究結果です。



現代人の運動不足を解消するには1日1万歩の歩行

1 毎日4000〜5000歩しか歩かない現代人

 歩く習慣は、>>>続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。